2008年07月13日

【C++系】boostのtokenizer

なんかその辺に落ちてる boost::tokenizer のソースを使ってみたら、うまくコンパイルが通らなかったので、適当にソース見て動くようなものを書く

WStringとかいるのは、勝手にstd::basic_string<wchar_t>をアレしてるだけです
どうもネーミングがJavaっぽくなる。ていうか、C++ってどうやっても名前がうまく収まりつかない。せめて名前文化だけは、言語と世界の壁を乗り越えて欲しいものです

とりあえず関数の頭文字を大文字にするか、小文字にするか、そこから。たぶん小文字が主流だから、MSさん、合わせて

========================================
typedef boost::char_separator<wchar_t> Separator;
typedef boost::tokenizer<Separator, WString::const_iterator, WString> Tokenizer;

WString test(L"abc def gh ijk lm");
Separator sep(L" ");
Tokenizer tok(test, sep);

for (Tokenizer::iterator it = tok.begin(); it != tok.end(); it++ )
{
  WString str = *it;
}
========================================

boost 1.35
VisualC++2008、つまり9
posted by MW at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102782811

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。