2008年07月15日

【C++系】ShellExcecuteでインターネットオプション

さて、今日も役に立たない情報を載せてみよう

今日はツールバー上でcalcと打つと電卓が開くという、

ぶっちゃけ、どうでもいい

機能を追加してました

仕事から帰ると23時過ぎてるしー
平日はこの程度の機能しか付けられないー

calcを開く場合はごく普通のコード、
ShellExecute ( NULL, L"open", L"calc.exe", NULL, NULL, SW_SHOW );
これで開ける


で、これだけだとただの阿呆な機能なので、コマンドからインターネットオプションを開いてみようと思う
が、同じようにShellExecute の open で呼んでも開けず、20分くらい止まる


Q. どうすれば開けますか?
A. Google先生に聞いてください


というわけで、こうやって書くそうです
ShellExecute(NULL, L"open", L"control.exe", L"inetcpl.cpl", NULL, SW_SHOW);
posted by MW at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | C++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102902678

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。