2009年02月22日

経済に望む当たり前のこと

通勤中に書いた文章がけっこう溜まってきたので、排出。使えなさそうというか、後で恥ずかしくなりそうな内容だけど捨てるのもなんなので、とりあえず「続きを読む」に入れておく。

自由主義経済の限界とか、市場主義だけに任せておくのは過ちだったという言葉が最近出てきて、かといってこのタイミングで保護主義を実践するわけにもいかない現在。

今回の問題を乗り切り、経済が再度離陸した時に、今度は同じことが起こらないようにエコノミストは分析と注意を払うのだろうけど、それで富の一局化と環境への無配慮という今の経済の問題が解決されるわけもなく。

個人的に、マイナス成長が悪だと思われてることが問題だと思っています。特に日本のようにこれから労働人口が減少していく国が、その身にふさわしくない内需を無理に作ろうとすれば、また今回のような問題は起きます。

どこかのコラムで読んだ文章。「他の国が高い酒を飲んでいる時、日本は慎ましくミネラルウォーターを飲んでいた」この国の経済は、他のどこの経済にも負けない、健全で正しい時間を過ごしていたのではないだろうか?

とかいうことをそれほど経済を知らない人間が書いた上で、じゃ、そもそも経済に対して自分が望んでいることって何よ、みたいなことを挙げてみる。

・個人の努力、力量に応じて富に差ができること
差ができないと人間は努力しなくなってしまうので。個々の能力に応じて生活水準は変わって欲しいと思う。

・富が富を生み過ぎないこと
持てるものは簡単に富を増やせるシステムだと、富は集中し過ぎてしまうので。極端な話、相続という制度自体に対して自分は肯定的じゃありません。

・地球環境にマイナスになる行為は富を削られること
環境に悪いことでもそれが富になれば誰かがやってしまうので。

・地球環境にプラスになる行為は富を与えられること
CO2排出量、資源使用量に応じた減税措置、リサイクルへの優遇税制等。

・食料の生産が十分な量確保できること
言い換えれば、食料が不足した方が経済的には良いという状態はけして作られてはいけないということ。

・医療が十分に確保できること
生きすぎた延命医療は別として、人が一般的に陥り易い疾病・怪我に対する医療行為を万人が受けられること。

・税金を払うことにメリットがあること
今のところ、税金は払わない方が得という制度が大部分を占めている。けど、会社員としてしっかり税金を納めてきた人間と、自分のように自営業で節税に励んでいる人間とで、受けられる行政サービスが同じというのはどうかと思う。

・誰でも億万長者になれる可能性があること
自分は生きていくのに必要なだけの富があればいいと思う方だけど、世の中には稼いで豪邸を持ちたいとか外車に乗りたいとか言っている人たちもいて、そういう人たちが夢を追える隙間は必ずあって欲しい。

・人口の分だけ雇用が確保されること
難しそうだけど。

・生きるのに必要な収入を得られること
昔、割と貧乏な生活をしたことがある自分としては、年収300万円時代とかいう話を聞くと、何300万ももらって贅沢言ってんだかとか思ったりしますが、とりあえず子供2人をもうけて生きていける収入くらいは平均を少し下回るよな所得の家庭でも持てること。
posted by MW at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114661620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。