2009年03月11日

疲れ目との戦いに勝ちつつある

最近えらく長時間働いていたりします。そうすると昔は眼の疲れが最初に来ていたのですが、最近は体力の限界が先に来てます。

体力が減っているというわけではなさそうなので、眼の疲れが来るのがゆっくりになっているような気がします。これだけ酷使して裸眼を保ててるのもありがたし。

眼の疲れとは18歳の頃から闘ってます。当時はゲーマーだったので、眼の限界までぷよぷよをやってました。ゲームしたいのに眼が痛くてできねぇって感じでした。

あれから十余年。経験からいろいろ眼の疲れを護る方法を学んだ気がするので、参考までに並べてみた。

※経験則から感じ取った根拠のない手法なので、真似はしない方が良いかも


1. 眼を乾かさない
顔を頻繁に洗って、拭く時に眼の周りを濡らしておく。水道水で眼を洗うといけないらしいけど、けっこう洗ってしまってる気がする。とりあえずドライアイの状態にはしない。目薬よりも効果がある気がする。

2. ディスプレイの背景は黒
基本ですね

3. ディスプレイは下に傾ける
眼を開く量を減らす為に、できるだけ下を向くようにしてます。下を向いてると姿勢が崩れるから良くないとも言うけど。

4. 頻繁に眼を閉じて深呼吸をする
パソコンが少し高負荷になっている時とかに、眼を閉じて深呼吸をするようにしています。眼を閉じる時間を少しでも増やすように。

5. ブルーベリーの錠剤を飲む
効いてるかどうかは分からないけど、いいと言われていることはとりあえず全部する気持ちで。

6. レンジで温めた濡れタオルを被せる
家に帰って来た時に疲れを感じたら、タオルを濡らしてレンジで温めたヤツを顔に被せるとかしてます。リラックスも出来て良いです。

7. 目薬とかアイボンは使わない
使った時は良いのだけど、その後の感触が悪い気がしたのでやめました。生理食塩水が良いと聞いたけど、どうなんだろう?
posted by MW at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。