2009年04月03日

大掛かりにしたがる人と、骨抜きにしたがる人

同じ依頼を受けた時に、その内容を大掛かりにしたがる人と、骨抜きにしたがる人がいる。

同じ依頼をしたのに、出来上がったものに大きな差が出来ることがある。

自分は出来るだけ依頼主の心情を読んで、見合った規模にしようと考えてはいるけど、(主にその時のテンションによって)どちらかに偏っていたりすることがあるのだろうなぁと、ふと思った。


「すごくガッチリ」するタイプとか、「すごく骨抜き」にするタイプの人に出会うと、微妙にカルチャーショックを覚えることがある。

依頼主の心と値段が釣り合わない場合は、どうしてもガッチリは出来ずにバランス悪いなぁと思うこともある。

もっと魔法みたく、相手が求めているものをサラッと目の前に出せるようになったりしないものかなぁと、思ったり思わなかったり。
posted by MW at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>もっと魔法みたく、
プログラマやSEはいなくなるのかな…

#どっちかというと俺は前者。
Posted by himajin100000 at 2009年04月03日 12:56
世界中の人がプログラマになれば良いなぁとたまに思います
Posted by MW at 2009年04月04日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116653063

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。