2009年05月03日

効率の良い睡眠を考える

ここ数日で見事に昼夜が1回転した。今日は16時に寝て21時に起床。

連休中は何時に何をするという予定を考える必要がないので(トータルでの目標と進捗は考えますが)、規則正しい生活をするよりも、倒れるまで起きていた方が実稼働時間は増えるように感じている。そういえば某ファイル共有ソフトの作者は2日に1度寝るような生活でしたっけ。

うまく今のような生活をすれば、1週間に1〜2度くらいなら睡眠をスキップできるような気がする。もちろん連休が終わってしまえば出来ない話ですが。とりあえず今回の連休は睡眠2度スキップを目標に。


睡眠時間をディレイするには、眠くなるようなことをしないことと、眠くなりそうな気配がするタイミングで(完全に眠気が来てからでは遅い)コーヒーなりユンケルを服用してうまく睡眠の周期がカクンとくる時間帯をスキップさせることが効果的だと思う。

あとは買い物などの外出が必要になる作業を寝る時間帯の直前に持ってくることでもディレイ可能。まさか道端で寝るわけにはいかないので、眠くてもなんとか買い物終わらせて帰ってくることになる。家に帰る頃には眠気が一時的に去っていたりすることもあるので、一粒で二度おいしい。

問題はこういった行為で疲労が蓄積しないか。ずっと起きるよりショートスリープを繰り返した方が良いという話もある。その辺を自分の身体で検証してみたい。何が効率が良いかは個体によって変わりそうだし。
posted by MW at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118483829

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。