2006年02月22日

[書籍紹介] プログラムはなぜ動くのか



いまさら紹介するまでもないような有名な本だけど、プログラミングを学んでいく上で読んどいた方が良い内容も含まれてるので、ほどほどに推奨中。

内容的には入門レベルなので、制御系でハードウェアと仲良く暮らしている23歳の未亡人プログラマ(ど真ん中)には、全く必要のない代物です。

スクリプト言語ばかりやって、CやC++に触れたことがない人にとっては、割と良い勉強になると思います。

文中にC++とかアセンブラのソースが若干出てきたりするけど、ちゃんと何をやっているか説明してくれているし、ソースが理解できなくても概念は伝わるようにできているので、1つ以上のプログラミング言語を知っていう人であれば十分に興味深く読むことができると思われます。

たとえPerlしか使ったことがない人でも、VBのみで生きてきた人でも、ぶっちゃけ

JavaScriptしか使ったことがない

人でもある程度読めるレベルまで落としてあるので安心して買える優れものです。


さー、買った買ったー。


==============================================
ところでプログラムってなんで動くんですか?

人気blogランキング
posted by MW at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プログラムは「偶然」で動くんです(笑)
いや、マジで。
Posted by yasuho at 2006年02月22日 08:39
ども、記事読みました。
偶然を通り超えて、動いていることが奇跡としか思えないソースもよく見かけますw

名言っすね
Posted by MW at 2006年02月23日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13587657

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。