2006年03月18日

[書籍紹介] 恋するプログラム



私がRubyを勉強するのに使った本です。

人口無能を作ることを目的とした本ですが、Visualu Ruby(誤字ではない)を使ったGUIプログラムの組み方から、「Google API」や「形態素解析ソフト・茶筅」のDLLへの繋ぎ方等、プログラマが好みそうなソースがたくさん載ってます。

既に1つ以上のプログラミング言語を習得しているプログラマが、Rubyを学ぶ用途で使用するには割と向いてる1冊だと思われます。

この本を見ながら作成したサンプルは我が家で今でも動いてますが、どこでどう間違えたのか、書籍の中では可愛い女の子(萌え系ではない)と会話するシステムができていたのに、私の作ったものはそこから

ほど遠いもの

に仕上がってしまいました。プログラムってムズカシイ……


==============================================
知り合いのイラスト書きからもらった絵(名称:っうぇ)を使ったのが間違いだった

人気blogランキング
posted by MW at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15013746

この記事へのトラックバック

[本]どれにしようか迷ってて
Excerpt: それほど間違ってないプログラマ用語辞典より、 恋するプログラム http://pgyougo.seesaa.net/article/15013746.html 近頃盛り上がっている Lightwei..
Weblog: brainless thinking
Tracked: 2006-07-06 23:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。