2006年09月07日

やってみないと分かりません

上司から「この作業、どれくらいかかりそう?」と問われた時に思わず使いたくなる言葉。

ある程度、経験のある作業であれば「だいたいこれくらいかなぁ」という目安の時間を設定して、それにマージンとして2〜5割くらい上乗せした期間を申告することになる。

相手が優しい人だったり、自分が仕事しない人だったり、いつ何時別のタスクが発生して作業遅延が起こるかわからない状況だったりした場合は、

良心の呵責を覚えないレベルで

出来る限りのマージンを上乗せしたりすることもある。

作業内容が、全く未経験のものだったりした時は、どれくらい時間がかかるか、ぶっちゃけ分からなかったりすることも多い。

本当に「やってみないと分かりません」としか言えないような、未知の作業だってある。

でも、「わからない」という答えに納得してくれる上司はほとんどいない為、今日もプログラマは「たぶんこれくらいかなぁ」という勘だけを頼りに作り出したスケジュールを提出することになったりする。


==============================================
今、仕事のタスクが3つ、趣味のタスクが4つ中。やっぱり死んでいいですか?

人気blogランキング
posted by MW at 01:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じようなことですが、「いくらでできますか?」の質問も一緒ですね。
中身がわからないのに、金額は言えません(苦笑)。
Posted by ishida at 2006年09月07日 09:47
若かりし頃、逆のことを経験しました。

上司「これ、どれくらいでできる?」
自分「多分、今日中には」
上司「テストケース作ってテストして、レビューして、はじめて「できた」って言うんだ。今日中にできるわけがないだろう!」

新卒当初のできごとでした(^^;
Posted by Iserina at 2006年09月07日 19:28
よくありますね。こういうときは、「とりあえず一日ください。」と言います。半日でも良いけど。「それで調査、着手してみて見通しを立てます」と。
それでも「大雑把でいいから」とか言ってくる場合には、「いや、そもそも『出来ない』可能性すらありますよ」と^^;;
だって真面目にそうだもんなぁ。
Posted by きりはら at 2006年09月08日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。