2008年02月27日

雨ニモマケズ 宮澤賢治

使ワレモセズ
廃止モサレズ
オープン化トカモサレヌ
丈夫ナ汎用機ニ載リ
バグハナク
決シテ止マラズ
イツモシヅカニ動イテイル
一日ニ電気代2400円ト
年ニ2度ノメンテガアリ
アラユル処理ヲ
エラーヲ起コサズニ動カシ
ヨク負荷ニ耐エ
ハードディスクモ飛バズ
外注ノPGノ書イタFORTRANノ
多クノコードガ詰マッテイテ
東ニ業務ノ変更ガアッテモ
技術者ガイナクテ対応サレズ
西ニ予算縮小ガアッテモ
忘レラレタカノヨウニ触レラレズ
南ニオープン化ノ波アッテモ
移行スル予算モナク
北ニFORTAN技術者ガ来テモ
敬遠シテ寄ッテ来ナイ
停電ノ時ハナミダヲナガシ
猛暑ノ夏ハ冷房ニツカリ
ミンナニデカクテ邪魔ト言ワレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイウシステムニ
ワタシハナリタイ
posted by MW at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

村上春樹 イエローページ〈1〉 (幻冬舎文庫
Excerpt: この読解本を読み終えた後では、村上さんの作品が自分の中で「小説」ではなく「思想書」に近い雰囲気を帯びてきているのを感じます。読んでみれば分かりますが、どの内容も単なる「こじ付け」や「都合のいい解釈」で..
Weblog: ねねの記録
Tracked: 2008-02-29 03:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。