2006年03月20日

チャット

仕事が無くて暇な時にすること。膨大な仕事を目にして、現実逃避や愚痴を言う為に行うこともある。

チャットにはWEB上に配置されているチャットシステムを使う場合と、クライアントにインストールされたメッセンジャーを使用する場合の2種類がある。

WEBチャットは仕事に関係ない不特定多数の相手と話せるせいか「明らかに仕事をしていないと思われる行為」に分類されやすいが、メッセンジャーは「仕事の意識合わせをチャットでしている」と認識してもらえることが多い。

たまに同じフロアにいる人同士がIPメッセンジャーでチャットをすることがあるが、これをすると普通に声で会話をする時に比べて、社長への誹謗、会社への中傷、上司に対して阿呆だの間抜だのの罵詈雑言を、会社の中に居ても平気で行うことができるというメリットを持っている。

その為、仕事中にIPメッセンジャーで会話をすることはプログラマ業界では非常にトレンディな活動になっているが、

気をつけろ、ログ取られてるぞっ!

という身も凍るような情報がプロジェクト全体を駆け巡って、一時パニックに陥ることもある辺りが、いとをかしなもの。

===========================================
以前居た現場に、ログ取られないように暗号化噛ませてるつわものがいた

人気blogランキング
posted by MW at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

100回書いて覚える

最も単純であり、且つ当人の覚えの良し悪しに関わらず確実に効果があるといわれている、完全無欠のプログラミング学習法。

分からなくてもいいから世に出回るサンプルソースを、何度も写して、写して、ただ写して、

血ヘドを吐くまで

写し続けていれば、いつの間にかプログラムをマスターすることができるという素晴らしい手法である。

また、後輩から教えを請われた際にこの言葉を使用した場合は、「百回サンプルソースを書いて、それでも分からなかった時だけ質問に来い」という忠告としての意味を持つこともあるらしい。

これをする根気さえあれば、向き不向きに関わらず誰でもプログラムくらい組めるようになるのだけど、一般的に人は同じものを3回も書いたら飽きる性質があるらしいので、実際に実践している人に会うことは稀有であったりもする。

ちなみに中国の古い言葉には「実装百篇、意自ずから通ず」というものがある。

これは子供の頃からよく本を読み学んできた律智位という人物が、彼の元でプログラムを学びたいと希望してきた者たちに対して、「実装百篇」と言って弟子になることを拒んだことを由来としている。

類義語に「プログラミング言語C百篇、C自ずから通ず」という言葉もある。ちと語呂が悪い。

==============================================
「血ヘドを吐くまでプログラミング」というスクール作ったら人気でないかな

人気blogランキング
posted by MW at 00:43| Comment(3) | TrackBack(1) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

派遣労働者の事前面接

非常にポピュラーな労働者派遣法(架空の法律)違反の1つ。

派遣法的には、「派遣される労働者を特定するような行為をしてはいけない」ということになっているらしい。

もちろんIT業界のような健全な空気が流れる業界では、事前面接のような違法行為はほとんど行われていない。

「事前面談」、「顔合せ」、「事前打合せ」は頻繁に行われているかもしれないけど、「事前面接」は行われていない。

もっともこの辺の行為が厳密に禁止されてしまうと、派遣労働者は担当の営業から聞いた言葉だけしか情報を持たない状態で、いきなり

知らない会社にポンと放りこまれる

という不安な仕事始めを経験することになったり、向こうの担当者が「何か聞いてた人と違うんだけど」と不満を感じたりすることから、どうもこの法律は、採用する側から見ても、採用される側から見ても微妙だなぁと思われがちだったりする。

==============================================
こらっ、面接って言うな。顔合わせだよ、顔合わせ。

人気blogランキング
posted by MW at 01:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

鬱だ

「眠い」、「無理」と並ぶプログラマの三大口癖の1つ。

会議室でとても嫌な指示(誰も読まないであろうドキュメントの作成とか、誰も使わないであろう機能の追加とか、誰も行きたがらないであろう僻地への派遣とか)を受けたプログラマが、席に戻った瞬間に呟くことが多い。

上記のような例で呟くのはまだ良い方で、中には

珍しく朝から出勤した

という理由で欝だと呟く人もいたりする。

[用例]
今日は鬱なので、誰とも話をしないでコーディングしました。もっと鬱になりました。

==============================================
前置詞(仮)には「ああ」が付きます。「ああ、欝だ」

人気blogランキング
posted by MW at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

SAK Streets

SQLやCなどの簡易なサンプルを、シンプルで分かりやすい説明で紹介してくれているサイト。

コンテンツの多くは、言語のごく基礎的な内容のサンプルで構成されている為、パッと見、誰にでも作れそうに見えるサイトなのだが、人の意思とは弱いもので、そういったものを作ろうとしてもたいていは

3日で挫折する

という非常にありきたりな結果に終わることが多い。

そんな中で、膨大な時間を使ってあそこまで精度が高く数も多いコンテンツ群を作ったことは、凄いことだなぁと思うのと同時に、どこかの役に立たない用語辞典を書いている人に対して「もう少し別のことに時間を使ったら?」という小言の1つでも言いたくなったりするものである。

==========================================
昔、アレより大きいサイト作ろうとして3日で投げました

人気blogランキング
posted by MW at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

コンポジット

48のデザインパターン(仮)の1つ。

Windowsのフォルダとファイルの構造みたいな、1人の親(ディレクトリ)にN個の子(ディレクトリ || ファイル)が付き、その子にまたN個の子が付くようなモデルを現すときに使われる。

このパターンを使わずに、子がいた場合はこういった処理をして、その下にさらに子がいた場合はこの処理をして、さらに子がいた場合はこの処理をして、なんていう気の遠くなるような力技実装をした記憶のある人は、一度使ってみると良いかもしれない。

主な使用方法として、上述のようなファイルシステムや、都道府県の県→市→区→町のようなモデルに加えて、

ねずみ講による収益のモデル

などを現すのに用いることもできる、実に幅広い用途のあるパターンである。


==============================================
こないだ久々にねずみ講のメールを受け取りました。1万送金するだけで50万〜

人気blogランキング
posted by MW at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

マザーグース「十人の外注PG」

十人よ。外注のPGが十人よ。修羅場に呼ばれてゆきました。
一人が鬱で出社拒否。そこで九人になりました。

九人よ。外注のPGが九人よ。
どいつもこいつも朝寝坊で、一人がとうとう寝過ごした。そこで八人になりました。

八人よ。外注のPGが八人よ。
一緒に求人を探してて、一人が途中で移籍した。そこで七人になりました。

七人よ。外注のPGが七人よ。
出社するのが苦しいって、一人が電車に飛び込んだ。そこで六人になりました。

六人よ。外注のPGが六人よ。
Winny使って違法コピー、一人が管理者に見つかった。そこで五人になりました。

五人よ。外注のPGが五人よ。
一人が裁判所にゆきました。会社と訴訟をおーこした。そこで四人になりました。

四人よ。外注のPGが四人よ。
みんなで飲みに出かけたら、酔っ払いに刺ーされた。そこで三人になりました。

三人よ。外注のPGが三人よ。
今度は客先に出かけたら、客めがむかつきぶん殴る。そこで二人になりました。

二人よ。外注のPGが二人よ。
連日徹夜で泊り込み、一人が過労で心停止。そこで一人になりました。

一人よ。外注のPGが一人よ。
いよいよ、たった一人よ。そのPGが会社を出て行った。そこで、だーれもいなくなった。


==============================================
懲りずにマザーグース。そして誰もいなくなった……

人気blogランキング
posted by MW at 00:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

巨大なバグ

とても大きな虫のことではない。

気づかぬうちにリンパ腺から体の隅々まで広まってしまったガン細胞のように、いつの間にかソースの広範囲を蝕んでいたような「悪性バグ」のことを指す。

主に仕様ミスから生じた矛盾や、OSやミドルウェアなどアプリケーションの土台になる部分のバグ、プログラマの怠慢などが原因で発生する。

このバグと対峙する際は、冷静にバグの影響箇所を分析し、正しく修整を行える方策を十分な時間をかけて提案した後、勇気を持って改修に当たらなければならない。

下手に焦って手を付けると「隊長!これではバグは抑え切れません!」という隊員の悲痛な声が耳に届いてしまうかもしれない。

あまりのバグの大きさに怯えて、なんとか小手先の改修で済ませようという

「隊長!今の改修で新たなバグが発生しました!」

という隊員の涙交じりの声を聞くことになるかもしれない。

バグが大きければ大きい時ほど、バグ対策に必要な3要素、知恵と勇気と冷静さを常に心に刻みながら、バグ退治に励んで頂きたい。


=============================
隊長ー、諦めちゃダメですか?

人気blogランキング
posted by MW at 00:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

KERNEL STACK INPAGE error

WindowsPCのハードディスクがその寿命を終える直前に現れると言われている告死鳥の名前。

その鳥の羽根は見る者を一瞬見惚れさせる(もしくはフリーズさせる)ほど、あざやかな青色だと言われている。

バンシーみたいなもの、と言えば妖精マニアの皆さんには分かりやすいだろう。

いきなりブツッと音を立ててディスプレイが真っ青になりこの言葉が映し出されたら、ユーザは一目散にバックアップを取る努力を始めなければならない。間違っても「うちのパソコンはきっと大丈夫だよ」などといった

裏切られることが分かりきってる

ような希望を胸に抱いてはいけない。「もう既に手遅れになっているかもしれない」と思うくらいが丁度良いくらいだ。

何の前触れもなくポンッと壊れるのに比べれば、多少なりとも予告をしてくれるこの鳥の存在は、人々にとってありがたいものなのかもしれないけど、どうにもこの青い画面というものは人の心を暗くする機能があるように思える。

==============================================
リーダー、画面が青くなったんですけど……

人気blogランキング
posted by MW at 17:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

[書籍紹介] XMLマスターベーシック問題集(V2試験対応)



こんな資格取って何か意味があるのだろうかという疑問を抱きつつ、XMLへの愛の為に今日取ってきてしまった資格の対策本です。

SVGへの愛がぁ。RELAXへの愛がぁ。でも両方とも試験範囲に入ってないぃ。という歪んだ愛情に我を失った末に合格しました。おめでとう、ありがとう。

プログラマの人だったら、この本1冊買って、@ITとかTECHSCORE辺りのWEBサイトをうろうろすれば、2〜3週間で取れてしまう簡単な資格です。

その分、例えば面接の時に「資格はXMLマスターベーシックを持っています」とか言っても、面接官の人に

「ふぅん」の一言で流される

確率が非常に高い代物でもあります。愛がなければ取れない資格ですね。

尚、資格受験料は15,750円でした。まったく、あいかわらず、もう……

===============================================
試験受けてたら、問題に間違いがあった。SJCPの時もあった気がする。いい加減だなぁ。

人気blogランキング
posted by MW at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

オリジン

買収問題に揺れてた弁当屋の話ではなく、0オリジンとか、1オリジンとかいう、新しい言語を覚えるたびにプログラマが微妙に気にしなければいけない面倒なヤツのこと。

特にカレンダーのAPIとか使う時は、気にしておかないと普通に1ヶ月ズレたりするヤツのこと。

SQLとかXMLは1オリジンなことが多かったり、たいていのプログラム言語は0オリジンが多かったり、一部のスクリプト言語は1オリジンだったりして、

あー、ややこしい

という困惑やら怒りやらをプログラマの胸に抱かせたりするオリジンのこと。

プログラマという職業を継続的にやっていると、「1オリジンって気持ち悪いよね」という台詞が生まれたりするけど、この仕事に就く以前は「0オリジンってよく分からない」と思っていたりしたもの。

==============================================
優待欲しいから、もうちょい下げて

人気blogランキング
posted by MW at 00:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

面白いドキュメント

プロジェクトの仕様書は、読んでいて非常に眠くなる。ユーザが見た時に文句を言われないように、堅い言葉で誤りがないように、且つ淡白で重要なことはあえて何も伝えないように書かれているからである。

そんなつまらないドキュメントのアンチテーゼとして考案されたのが、この「面白いドキュメント」である。

これはプロジェクトの現状を正確に伝えつつ、その中に「上司への愚痴」、「顧客への不満」、「ウィットに飛んだジョーク」などをふんだんに盛り込むことによって、よりプログラマの興味を引くドキュメントに仕上げようとすることで生まれたものである。

例として、仕様が複雑な点を説明するドキュメントに、太字で「エンドユーザの○○さんのわがままで、こんな機能になりました」と追記しておいたり、可読性の悪いソースの振る舞いを説明するドキュメントに、赤字で「このクラスは2月に無断欠勤したまま退職した○○くんによって作成された

地雷原です

取り扱いにはくれぐれもご注意ください」などと書くのが代表的な記入例だ。

これらのドキュメントは次の担当者との1対1の引継ぎ時や、気の知れたメンバーに周知するなどの方法で用いることが推奨されている。

誤ってお客さんのとこに提出してしまったり、生真面目な上司の目に触れてしまうと、半端じゃなく怒られるので注意しよう。

==========================================
バレませんように

人気blogランキング
posted by MW at 00:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

最終行の改行

コードを書いている際に、プログラマは無意識のうちに、その文書の最終行に改行コードを入れようとする。

まるでパブロフの犬のように、最終行に改行コードを入れようとする。

改行コードが入っていない文書を見ると、ちょっと気持ち悪いと感じてしまう。

人によってはコンピュータが解釈するわけじゃない普通のテキストファイルなんかでも、最後が改行されてないと、その文書を読む人が

最終行を読み飛ばたりしないだろうか……

なんていう意味も無い不安を感じてしまったりすることもあるらしい。

それはたぶん、一種のビョーキ。


===============================================
たったそれだけの原因の為に、調査に1日費やした人とかが患うらしい

人気blogランキング
posted by MW at 20:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

2038年問題

2038年1月19日午後12時14分8秒に空から恐怖の大王がやってくる問題。

その原因は、1970年1月1日からの経過時間が32ビットを超えてしまうから、と書けば技術者の皆さんはピンと来るかと思います。

今使われているコンピュータの多くは、64ビット(西暦3000億年まで大丈夫らしい)で計算されているので無問題ですが、一部のコンピュータでは問題が発生する可能性もあるようです。

どんな問題が起きるかは、そのプログラムを実装した人に聞いてみましょう。0に戻る?それとも落ちる??

この問題、一見2000年問題で荒稼ぎしたソフトウェア業界に再び現れる僥倖のように見られたりもするかもしれませんが、現れるのはあくまで30年以上後です。

現在のコンピュータですらほとんど64ビットになってるのに、30年後までそんな化石のようなマシンを引きずっている会社なんて、そうそうありえないと思います。

もしあったとしても、そんな化石の為に改修作業を発生させるなら

むしろ壊してしまえ!

という気持ちを抱いてしまうこと間違いなしだと思います。


=============================================
えーと、メインフレームですか?随分古いですね。パンチカードいります?

人気blogランキング
posted by MW at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ミッション クリティカル

24時間365日、止まらないシステムのこと。

24時間365日、金を生み出し続けるシステムのこと。

24時間365日、システム障害が起こらない安定したシステムのこと。

カットオーバーしてから半年経ってもバグ報告が消えないシステムを作っている企業さんは、手を出してはいけないもの。

「このバッチ処理、8時間じゃ終わらないっすよ。営業時間もう少し短くしてくださいよ」とかいう言葉が聞こえてくるような重厚なシステムを作るのが得意な企業さんも、手を出してはいけないもの。

==============================================
ある意味、ミッション・インポシブル

人気blogランキング
posted by MW at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

理論武装

理論という「文」の領域と、武装という「武」の領域を併せ持つ、文武両道、バランス良く優れた者が使う言葉、だったら良かったのになぁ。

「理論武装」とは、お互いの利害関係が一致しない両者が、様々な理論を駆使して自分にとって有利な方向に話を持っていく為に使用する手法の1つである。

武装という物騒な言葉が入っていることからも分かる通り、自身に1点でも正しいところがあれば、もしくは相手に1点でも非があれば、その点を、無理矢理、強引に、

相手が泣くまで

主張し続けるような力強さを持っている。

話し合い1つで数百万〜数千万の利益が左右される交渉では、そういった力づくの話し合いが見られるのも仕方ないのかもしれない。

プロジェクトルームでは、ちょっとした取り決めをする際に、なんとなく自分の思う通りにしたいという欲求に流されてこれを使ってしまうプログラマが発生することがあるが、これを行うと以降の会議から外されるなどの結果も同時に発生することがあるらしいので要注意。
posted by MW at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

エスタロンモカ錠

プログラマ愛用の錠剤。

プログラマの職業病である、「眠気」、「疲労」、「鬱」などの症状を緩和する効果がある。

たった一錠飲むだけでコーヒー2.5杯分のカフェインが摂取でき、頭は覚醒し、ちょっと楽しい気分になってきたりする非常に便利なクスリだが、あまり使用し過ぎるとカフェイン中毒に陥ったり、妙にテンションが高くなって自分の意思に反して仕事と全く関係ない実装を始めてしまったりする、取り扱いの難しい製品でもある。

どうしても必要な時にこれを飲むのは仕方ないかもしれないが、常にこれをカバンに忍ばせているプログラマは、

ある意味、廃人なんじゃないかと

思われてならないのだが、どうだろう?



==============================================
「あなたは廃人ですか?」と問われて、即座にノーと答えられる自身がない。。。
posted by MW at 00:31| Comment(6) | TrackBack(2) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

テンキー

要るのか、要らないのか。要らないのか、それとも要るのか。

68キーボードとかいう、限界まで無駄を削ぎ落とした工芸品を好むプログラマにとっては明らかに不要なもの。

逆に数値入力を主な仕事にしているオペレータさんにとっては、テンキー以外はほとんど使わないというシチュエーションもあったりする。

キーボードを膝の上に置く派のプログラマは、テンキーのない横幅が短いキーボードを好む傾向があったり、数値のブラインドタッチが今ひとつ苦手で、

0とか6をよく打ち間違える

という人は、数値入力が必要になるたびに右手がテンキーに飛んだりすることもあるようだ。

要るのか、要らないのか。要らないのか、それとも要るのか。

人によって意見が分かれる、紛争の種にもなりかねないハードウェアである。



==========================================
私は「例え使わなくても多いに越したことはない」派です。ちょっとMSっぽいな。。。

人気blogランキング
posted by MW at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

後発の強み

基本的に先行逃げ切り型が強いソフトウェア業界において、「逃げ馬」が、やる気をなくしたり、堕落したり、利権確保にばかり力を使うようになったり、内輪揉めばっかりして前進しなくなったりすると、猛烈に追い込んでくる「差し馬」がいる。

彼らが持っているメリットを、「後発の強み」もしくは

「いいとこ鳥」

と呼んだりする。

指し馬は、逃げ馬が成功した点を参考にして出発することができることから、一見、先行馬より高い確率で成功できそうな気もするが、人間の学習能力はたいしたことないせいか、ゼロから軌道に乗せる為にかかる労力が並大抵ではない為か、後発組の多くは軌道に乗る予感すら感じられないまま消えていったりもする。


==========================================
「あのソフトウェアは今」という番組がやってたら、たぶん見ます

人気blogランキング
posted by MW at 00:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

はまちちゃん

2005年4月中旬。mixiの日記に「ぼくはまちちゃん!こんにちはこんにちは!」という、実にコメントのしづらい書き込み同時多発的に発生した。

これはインターネットを介した「伝染性精神錯乱症」の一種で、この書き込みを見た人々が次々に錯乱状態に陥り、「ぼくはまちゃん、ぼくはまちちゃん」と

うわ言のように呟きながら書き込みを連発した

ことが原因だと筆者は本気で思ったものだが、残念ながらこの予想は大きく外れてしまった。

この大量の「はまちちゃん」書き込みはmixiが当時持っていた脆弱性(もちろん現在は改修済み)を利用したCSRFという攻撃によって発生した。

CSRFとは、mixiのようなログイン認証を必要としているページにおいて、認証を通過した状態のユーザにトラップページ(JavaScriptで自動的に「ぼくはまちちゃん」と書き込む要求をmixiに送るようなヤツ)へのリンクをクリックさせることで、あたかも正規のユーザが書き込みをしたかのように、サーバに要求を送ることができる攻撃手段である。

対策されてないシステムも多いので、どこの馬の骨が作ったとも知れない社内システムを使っている会社にお勤めの方は、社内掲示板に「社長のバカ」とか「給料あげろ」といった書き込みを自動で行えるツールを作って楽しむといった用途で使用することもできるかもしれない、非常に便利な手法である。


==========================================
なぜ、はまちちゃんなのだろう


人気blogランキング
posted by MW at 00:41| Comment(6) | TrackBack(1) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。